【新卒者・転勤族必見!】アパートの光回線おすすめがわかるサイトはココ

インターネットを快適に使える光通信ですが、今アパートに住んでいるもしくはこれからアパートに住む予定である方の中には、どの会社を選ぶべきか悩んでいるケースも多いでしょう。
そこで今回は、アパート向け光回線を上手に選ぶため知っておくべきポイントや、携帯キャリア別おすすめ回線と相性の良いプロバイダとの組み合わせについて、徹底解説します。
なお、住んでいる&これから住む所が便宜上「アパート・マンション」と呼ばれていても、建屋が3階立て以上の場合は「一戸立てタイプ」が適用されますので、ここでは3階以上の「マンションタイプ」に特化して話を進めて参ります。

アパート向け光回線の平均相場と比較ポイント

これはホームタイプも同じですが光回線を初めて契約する際に発生する費用と相場は、
  1. 回線使用料・・・4,000円前後
  2. プロバイダ料・・・3大キャリアの場合は光回線使用料に含まれる
  3. 工事費用・・・0円~25,000円
となっており、3については住居の「既存ネット環境」によって大きく変化します。
最近のアパートは、各部屋まで光通信ケーブルが引かれていることがあり、同じ回線と契約する場合は工事が必要ないため、月々の回線使用料(プロバイダ料)を支払うだけで、基本的にインターネットを利用できます。
また、新築に近い都市部のアパートでは、家主・管理会社が一括で光通信・プロバイダとすでに契約していることもあり、「光通信完備」と銘打って賃貸されていますが、家賃や共用費の相場が高めなであるほか、自分好みのプロバイダを選ぶこともできないため、どちらがお得か比較すべきです。
次に、共用部分までは光ケーブルが引き込まれていて、「スプリッタ」と呼ばれる分配器か取り付けられているケースもあり、賃貸情報誌などでは「光通信対応」とアピールされていますが、当然自分に部屋まで配線工事をしないと利用できないため、工事費用として「1万円弱」かかります。
最もコストと手間がかかってしまうのが、ネット環境の全く整備されていないアパートで、屋外工事や光ケーブルを通す穴を建物に空ける必要があるため、家主や管理会社からの許可を得る必要があり、工事費用も「高額」になってきます。
どの光通信・プロバイダと契約しても、既存ネット環境による「工事費用の差」は変わりませんので、短期間で定期的に引っ越しを繰り返すという方は「光通信完備」の物件を選ぶか、工事不要で利用できる置くだけWi-Fiやモバイルルーターを利用したほうが便利かもしれません。
ただし、複数年住み続けることが決まっている方や、現在主流となっている「光通信対応」の物件を候補にしている場合は、以下でおすすめするキャリア別の光通信とプロバイダを組み合わせることで、工事費用を賄えるだけでなくかえって「得をする」ケースもあります。

【新卒者・転勤族必見!】アパートの光回線おすすめがわかるサイトはココ | docomoユーザーにおすすめの光回線「ドコモ光&GMOとくとくBB」 | Softbankユーザーは「ソフトバンク光&Yahoo!BB」の一択 | auユーザーにおすすめの光回線「au光&BIGLOBE」

プロバイダおすすめ / プロバイダforvatel