auユーザーにおすすめの光回線「au光&BIGLOBE」

現在、au光で選択できるプロバイダはa全7社ありますが、すべてのアパート向けプランに対応しているのは、au自身が運営する「au one net」を含めて3社しかなく、そのうちキャンペーンが充実しダントツにお得な組み合わせは、「au光&BIGLOBE」です。

フレッツ光+yahooBBだったけど
マンション工事で変えてくれって言われて
au光+BIGLOBEにしたらめっちゃ速度上がってて
笑ったw

VDSLタイプでマンションだしって諦めてたけど
よかったぁ…
ありがとう管理会社さん…
— cowboy (@unsung999) 2017年9月17日

一時的に光回線が2つあるので速度比較してみた。au光:90Mbps 、フレッツ光:20Mbps か。速度だけならauが4.5倍近く速いのね。公表値だとauは1000M、フレッツが100Mだからまぁこんなもんか。

— よしだ星人 (@yoshidder) 2012年4月5日
この組み合わせでの月額利用料は、ルーターレンタル料を含め3,800円からと至って「相場なり」ですが、30,000円(※)の開通工事費用が含まれているため、アパートのネット環境に関わず登録手数料である3,000円しか初期費用が掛かりません。
※通常1,250円×24回分割支払いだが、24ヶ月目まで「-1,250円」の特典割引が適用されるため、実質無料となる。
また、展開中のキャンペーン内容が他社を圧倒しており11ヶ月目に30,000円、24カ月目に20,000円受け取ることができる合計50,000円の「キャッシュバック特典」と、24ヶ月目まで月額料金が1,750円安くなる「大幅値引き特典」のいずれかを選ぶことが可能です。
高額キャッシュバックをゲットしてパソコンを新調するも良し、毎月のスマホ代がプランによって割引される「auスマートバリュー」と合わせて月額利用料を安くして、ランニングコストを抑えるのもアリです。

まとめ 転居先のネット環境などをしっかり事前確認しよう!

おすすめした光通信は、いずれも大手キャリアが展開するサービスであるため、仮に他のプロバイダと組み合わせても、サービス提供エリアや最大通信速度が変わることはないですが、山間部などの一部エリアでは光通信を利用できないケースもあります。
また、建物に光通信が引かれておらず、家主や管理会社が許可してくれないケースでは、勝手期開通工事をすることもできないため、転居先エリア・建物双方のネット環境を各光通信事業者の公式HPや、不動産屋へのヒアリングなどで「事前確認」するようにしましょう。

【新卒者・転勤族必見!】アパートの光回線おすすめがわかるサイトはココ | docomoユーザーにおすすめの光回線「ドコモ光&GMOとくとくBB」 | Softbankユーザーは「ソフトバンク光&Yahoo!BB」の一択 | auユーザーにおすすめの光回線「au光&BIGLOBE」